所得証明書不要のカードローンとは?実在するのか?

消費者金融・クレジット会社・信販会社などはノンバンクと呼ばれ、改正された貸金業法のなかの総量規制によって消費者に対して融資できる金額の上限が定められています。

総量規制による融資の上限は消費者の年収によってそれぞれ異なっており、年収の3分の1までが融資を行える上限となっています。そのため、キャッシングやクレジットカードの利用に際して、ノンバンクの金融業者は消費者に対して所得を証明できる書類の提出を求めることが義務となっています。

総量規制の施行によって専業主婦などの定職を持たない人は実質的にノンバンク系の金融業者から借入を行うことができなくなってしまったのです。

また、専業主婦だけではなくアルバイトやパートの人なども雇用形態によっては会社側から収入証明書や所得証明書をもらえない場合も多く、そのような人たちにとって新規にお金を借りることは非常に難しくなっているのが現状です。

銀行カードローンの場合、所得証明書が不要なケースが多い

専業主婦やアルバイト・パートの人がお金を借りる道がまったく閉ざされてしまったわけではなく、総量規制外のローンを利用するという手段が残されています。消費者金融のキャッシングと同様に使い勝手のいいものとして銀行のカードローンがあります。銀行のカードローンは総量規制の対象とはなっていないため、所得証明書の提出は不要となっています。高額の借入をする場合には自主的に消費者側から所得証明書の提出をすることを望まれますが、一般的な範囲での借入では所得証明書の提出を求められることはほとんどありません。

参考:所得証明不要 カードローン

収入を証明せずに借りれる限度額はいくらまで?

一般的な消費者金融だと収入証明は50万円以上の借入れ時、必須提出書類になっています。銀行ならそれ以上借りることができるというのは本当なのか?電話で聞いてみました。

電話で某銀行のサービスに実際、所得証明書不要でいくらくらいまで借りれるのか?ときいたところ完全に濁されました。名前を伏せるのと表記を少し濁して書くと200万迄は証明しなくていいといった記載があるのにも関わらずです。審査をしてみないとなんともいえないというのが現状なのですね。大手と言われる業者に全て電話しても同様の回答が帰ってきます。

新規申込時はどの銀行カードローンでも証明書は求められなくても「年収」を書く欄はあります。また借入件数や総額いくら借りているかなどの現在の状況。勤め先住所なども書くのである程度の社会的信用があるのかどうかなども当然見られます。(会社はそこまで重みはないですが、最近はインターネット系の会社は簡単に立ち上がっている歴史が浅い会社は貸す側としても若干怖いってのはあるかと)ここでは「証明」をするわけではないですが虚偽を書くことは許されません。後でバレるので銀行からするとなんらかなフラグを立ててくる可能性があり今後借入れもできなくなってしまうかもしれませんので真実の情報を書きましょう。

所得証明書の発行方法や時間

正々堂々と所得証明書を発行してしまえば身の丈にあった金額の借入が出来るでしょうから即日融資を考えていない方は書類を含め希望額を提示すると良いです。当然、銀行からすると印象がいいですし審査がしやすいのでスムーズに事が運びます。

所得証明の発行の仕方はあなたが住んでいる市区町村の「市役所」にいけば貰う事が出来ます。市区町村によっては所得証明書の名前を、課税証明書という名前で発行していますが効力に差はありません。税金(住民税)を払っていることを証明しているので住民税は前年の給料によって決まってくるので内訳は変わらないということ

割とこの証明書は利用されることが多いのか都内などでは郵送で対応している区役所もあります。方法としては、指定の申請書の書式に従い記入したものに「定額小為替(ていがくこがわせ)」で手数料(300円のところがほとんどだと思いますが念のためご確認ください)を郵便局で購入できるので買って、それを貼ります。返信用封筒も送り主負担なので郵便局で一緒に切手を買っておくことをおすすめします。これでOK!!いや面倒ですよね(笑)

郵送方法の場合手数料と切手代かかるので、どう考えても住んでいるところの役所にとりにいくのが早いかと。ただ、仕事で忙しいとかでなかなか取りに行けない場合はこの方法を使って頂くのが良いと思います。

COPYRIGHT© 2014 vivliodesia. ALLRIGHTS RESERVED.